So-net無料ブログ作成
驚きの出来事 ブログトップ

英国のEU離脱決定 九州への影響〜その2 [驚きの出来事]

英国のEU離脱決定
九州への影響〜その2を書いてみます。

いつもの通り別に書いたものをペーストしますね。

英国EU離脱.JPG

世界の金融市場を揺さぶった英国の欧州連合(EU)離脱の選択。
今後、予想されるのは英国経済の後退に伴うポンド安と
安全資産である円への資金流入による円高だ。
この為替変動の影響は九州にもじわりと及びつつある。

円高で大きな影響を受けるのは輸出で収益を稼ぐ企業である。
安川電機(北九州市)は17年3月期の想定為替レートを1ドル=120・8円から110円に、
ユーロ円も125円に修正していたが既にこれらのレートを突破、
収益の押し下げ懸念が広がっている。




また、日本タングステン(福岡市)は
前期1ドル=120円で設定していた為替レートを今期は105円に修正。
「これほどの円高になるとはそうていしていなかった」という。
1円円高に振れると800万円程度の減益になるため、
為替動向に神経を尖らせている。

また、インバウンドへの影響を懸念する声も多い。
中国人による爆買いの流れが一服したのに加え、
円高により日本国内での購買の魅力が減退しているためだ。

長崎の物販業者は「このまま円高が続けばショッピングに影響が出そうだ」と困惑気味。
福岡市の百貨店も「訪日客の購買は足踏み状態」という。
円高が長引けば外国人観光客の消費に大きな影を落とすことになりそうだ。





一方、円高ポンド安でとりわけ注目されているのが英国への留学だ。
福岡留学ジャーナルカウンセリングセンター(福岡市)は
「留学先としての英国は高額な費用がかかるというイメージが強く、
近年はアメリカやカナダなど北米の人気が高かった。
ポンド安になれば費用が抑えられるため、英国人気が戻る可能性がある」と説明する。

同社の場合、授業料と滞在費を合わせた英国留学の平均費用の概算は、
12週間で50~90万円、24週間で100~160万円、48週間なら190~310万円になる。
主な利用者は、大学生や20代の会社員で、最近は高校生も増えているという。
学生の費用は保護者が、会社員は自ら負担するケースが多く、
「懐具合に鑑みてできるだけ費用を抑えたい」というニーズが多数を占めているという。



今回の英国のEU離脱決定は政治的要因に起因するものであり、
リーマンショックのような金融システムに起因する問題ではない。
しかし、リスクマネーは安全資産である円への逃避を継続する可能性が高い。
アメリカ経済の先行きにも不透明感が出ているため、
円高に振れやすいようだ。

円高は輸出企業だけでなく
九州の各地域が力を入れるインバウンドにも影響を及ぼすため
注視していく必要がありますね。

エネルギーなど輸入品の価格押し下げにはなりますが、
円高の影響の方が経済に与えるインパクトは大きいでしょう。





九州地方 ブログランキングへ

スペインで総選挙の投票が始まりました 離脱派 [驚きの出来事]

イギリスのEU離脱の波紋が広がっていますね。

まあ、事の大きさから影響が大きくなるのは当然ですよね。


スペインでは総選挙の投票が始まりました。

こちらもEU離脱を掲げる急進左派の新興政党が

躍進するのではないかとその結果が注目されています。




一旦、割安感から反発している日経平均ですが、

スペイン総選挙の結果がマーケットを揺さぶらないか心配なところです。

この後小康状態を保てるのか乱高下してしまうのか予断を許さない状況でしょう。


スペインは北東部の地中海に面した

カタルーニャ地方の独立問題も抱えています。

言語も伝統も歴史も異なるこの地方は

「イギリスはEUの承認なしに離脱を決めたのだから

自分たちもスペイン政府の承認なしに離脱できる」というロジックで

独立運動を活発化させるでしょう。

ハワイ旅行

九州の企業でスペインに拠点を構えているところはあまりないと思いますが、

ユーロ安円高が訪日外国人の動向に影響を与えそうで

観光面への打撃が懸念されますね。

日本の各地方と同じく福岡でも中国人による爆買に陰りがみられるそうです。

円高と免税品の持ち込みの上限設定が影響しているそうです。

福岡の中心地、天神でも多くの免税店が新設されています。

先行きに不安を覚えるのは私だけでしょうか?





九州地方 ブログランキングへ

イギリスEU離脱で九州への影響は? [驚きの出来事]

イギリスのEU離脱。

実際には協議に2年ぐらいかかるようですが、

マーケットはそんなことは待ってくれません。

交渉の途中で出るアナウンスに反応し、

空売りを仕掛けてくる輩がわんさかいるでしょうね。




さて、九州でも西鉄などは国際化も進めておりまして、

イギリスに現地法人があります。

西鉄の物流事業は目立ちませんがグループ内の優良事業の一つです。

EU離脱により高い関税がかかるようになるため、

事業の圧迫が懸念されますね。

きっとEUは自分たちにネガティブな態度を取る国には

厳しく対応することになるでしょう。

そうしないと他の国も離脱の動きを強める可能性があるからです。

「イギリスは離脱したからあのようなデメリットを受けている」と感じさせるためです。




インバウンドにも影響は大きいでしょう。

しばらくの間ポンドは安いままでしょう。

ポンド安→ユーロ安→ドル安、つまり円高になるためです。

九州は各地で外国人観光客の呼び込みに力を入れており、

こちらの影響の方が地域には堪えるかもしれませんね。

_DSC0234.jpeg
(インバウンドには円高はキツいでしょうね)

移民流入管理と引き換えに手放した単一経済圏からの離脱。

イギリスの選択が正しかったのかどうかは

国民が身をもって知ることになるのでしょうね。




九州地方 ブログランキングへ

イギリスEU離脱ですか ビッグショック [驚きの出来事]

イギリスのEU離脱問題。

当初の予想を覆して離脱が決まったようです。

為替も株も下がっています。

ロンドン市場はサーキットブレーカーが発動されそうです。


イギリスは地域ごとに分裂しているようです。

例えばロンドンやスコットランドは残留派が多く、

他の多くの地域は離脱の判断を下しました。

そう、両派の意見で国が分断されているのです。



経済より難民問題を重視する意見が勝ったのか

エコノミックよりナショナリズムが勝ったのか

さまざまな意見があります。

短期的にイギリスの経済は弱くなるでしょうね。


これまでキャメロン首相は残留を訴えてきました。

辞任することになるのでしょうかね。。。


驚きの出来事 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...