So-net無料ブログ作成
人口問題 ブログトップ

人口減少の影響 全国的に生産力不足顕著に 九州では2030年に佐賀でも [人口問題]


いよいよ人口減少の影響がすぐそこまで来ているようです。

内閣府は25日、地域経済の課題をまとめた報告書を明らかにしました。

それによると生産年齢人口が地方ほど減少し、

2030年度には38道府県で需要に対応できなくなるそうです。

考えるだけでもゾッとしますね。






出生率の低下による人口減に加え、

若者が都会に出てしまうため地方ほどそのスピードは加速します。

恐ろしいのは所得移転が今以上に進むことです。

今でも地方の人たちは週末にバスや電車で都会まで出てきて

ショッピングや飲食、レジャーなどを楽しんでいます。

地元で消費せずに都会に金を落としているのです。







九州で例えるなら長崎や大分、熊本の人たちが

週末にJRや高速バス、自家用車で福岡に出てきて

天神や博多で買い物と食事をし、

ヤフオクドームでホークス戦を見て屋台で一杯ひっかけホテルに泊まる。

翌日にはラーメンをすすって博多銘菓通りもんをお土産に買って帰る─。

ようなものです。



これらは本来‥‥



続きは無料メルマガにてご紹介しております。

メルマガ購読・解除
 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
人口問題 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...